KoÃ??Ã??Ã??â??Ã??â??Ã??Ã?«s Accommodation カナダガチョウジャケット

Accommodation

Hotels, B&B, apartments, lodges, resorts, camping and self-catering cottages in Ko�?�?�?â??�?â??�?�«s

Accommodation

Accommodation in Ko�?�?�?â??�?â??�?�«s! For your holiday trip and travel needs we have great deals, budget, cheap, and luxury holiday accommodation in the Ko�?�?�?â??�?â??�?�«s tourism region and many short-term vacation and holiday venues in the area. You can browse our listings of holiday lodgings and accommodation in and near Ko�?�?�?â??�?â??�?�«s by clicking on the links below to get a personalized offer from a accommodation property owner that may be able to cater for your specific travel arrangements surrounding Ko�?�?�?â??�?â??�?�«s. They may have pictures of Ko�?�?�?â??�?â??�?�«s and their respective venues and you will also be able to contact the establishment directly to make online bookings and enquiries for a place to stay.

NO RESULTS FOR: KO�?�?�?â??�?â??�?�«S ACCOMMODATION


カナダガチョウジャケット

canada goose miehet
canada gé banff
canada goose butik
カナダのガチョウの男性
canada goose victoria parka

Junk Stage >> 「ことば」という場所で「世界」と出会う。

WordPress ME 2.2 - Capriccioso

「場所」と「ことば」が主人公 -『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦-

otome.jpg
『夜は短し歩けよ乙女』 森見登美彦(角川書店刊)

この小説は、どちらから読んでも面白い。

まず、男の子(学園祭のイメージから推測すると京大生っぽいですね。ちなみに作者は京大農学部卒)が、後輩の一年生に恋心を抱いてさまざまにアプローチするけれど半年以上たっても外堀を埋めるばかりでまったく気づいてもらえずに煩悶する、というのがこの小説の基本的な枠組みだ。

モテない期を経験した男の子なら誰でも共感するような自意識過剰のグルグルを戯画化したこの語りだけでも十分に面白いのだが、それだけならふつうの青春小説。この作品は、先輩が「モテない大学生」視点で語る事象を、逐一同時に後輩もまた「超ピュアな乙女」視点で語っていく、という二重構造になっている。

いかにも「モテない」男の子的妄想と、他方徹底的に「乙女」である彼女の荒唐無稽なキュートさが「すれ違い」つつ、掛け合い漫才のようにテンポよく進行していく様子が無類に楽しい。

腰巻きの裏に印刷された感想を見ると、読者それぞれがあるいは男の子の語りに、あるいは女の子の語りに共感しつつ、結果としてどちらの側の読者をも巻き込んで作品がブレイクしていった様子がよく分かる。

どちらかの側の語りだけをなぞって読むのも悪くはないけれど、私たちは両方の語りを二重に楽しむことによって、世界が反転して見えてくるという重層化された虚構の語りの魅力を、知らず知らずに体験していくことになるだろう。

さてしかし、面白いのは「語り」だけではない。二つの語りの虜になりつつ読み進めていくと、今度はその二人の「語り」の隙間に、現実の京都ではない不思議な「場所」が広がっているのが見えてくる仕掛けになっている。

その隙間に住んでいるのが「李白」さんだ。

彼は「噂」や「お金」、「古本」、「風邪」などなど、都市に流通するすべてのものたちの元締めのような存在であり、と同時に「糺ノ森」に住んでいてときおり山車のような三階建ての電車に乗って街中に登場する……となれば、明らかにその存在は古来京都の地下水脈に住む「土地神」であると同時に=現代の「都市神」とでもいうべきものであることが見えてくる。

下鴨神社の森に住む「李白」さんが土地神=都市神であるなら、風邪の邪気を払う「清浄」さに守られた「乙女」は、処女のまま神に仕える(下鴨神社ゆかりの)斎宮の「やつし」と見ることができるだろうし、斎宮に恋心を抱きつつ困難な愛にもめげず外堀を埋めていく主人公は業平に「見立て」てやれないこともない(にしてはもてないけれど)。
ここで読者は、単なる語りの二重化にとどまらず、語られる物語自体が、「見立て」や「やつし」によって多重化していくという豊かな「お話」の様式美世界(たとえば歌舞伎のような)のスイッチがいつのまにか入っているのに気づかされるだろう。

それは学園祭で「乙女」が学園祭中劇の主人公を演じるなりゆきの描写からも分かる。

彼女は何でも受け取れる(だるまでも飲み比べの挑戦でも緋鯉でも臨時の配役でも!)。そしてどんなものにも凛として立ち向かっていくことができる。なぜなら、この斎宮=「乙女」は空虚なゼロ記号であり、どんなものであっても虚構の様式が与えられさえすれば、その中に輝くべき「定位置」を持つことができるからである。
さらに、「密造酒」の飲み比べという怪しげな夜の祭典・古本の「市」の胡散臭い匂い・「学園祭」の狂乱ぶりや、世界を席巻する「流行り病」等々の非日常的なフックが掛かると、その不思議な「お祭り」気分が見立て&やつしの様式と渾然一体になり、「マジックリアリズム」の饗宴が始まるという仕掛けになっている。

ここには私たちがもうほとんど失いかけていて、かつ今もっとも激しく欲望している「場所」のリアリティが、圧倒的な虚構の強度によって提示されているといっていいだろう。

多重化された視点が街をくまなく歩き回り、多層化された見立てによって現実の京都とつながっていながら別の次元にも開かれた「場所」が立ち上がる。その豊饒な「場所」の想像力に支えられて、何もない空虚な記号としての男の子と女の子がゆっくりと濃密な場所の気に染め上げられて、その挙げ句に「出遭っていく」物語は、出会い系サイトなどの「場所」とは対極的な「豊かさ」の幻想を確実に私たちに与えてくれる。

漱石か誰かの小説にも似た擬古的な文体も、唐突に始まる細部の丁寧な描写も、随所にちりばめられた箴言のパロディも、この虚構世界を支えるためにしっかり働いているのに違いない。

そう考えていくと、主人公は「まだ何も手にしていない」男の子と「まだ何も書き込まれていない」女の子の二人ではなく、むしろそのゼロ記号たちを支えつづける豊かな「場所」と「文体」なのだ、と言うべきなのかもしれない。考えてみれば「若者」という空っぽな器は、いつの時代でも「場所」と「文化」の「気」によってこそ豊饒に「成長」していくものだったのだから。

まあ、そんなことはまったく気にせずに、作品の面白さを存分に味わえばそれで十分といえば十分。ぜひ一読を。

One Response to “「場所」と「ことば」が主人公 -『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦-”

  1. reklama chojnow Says:

    Awesome! Its truly awesome article, I have got much
    clear idea on the topic of from this piece of writing.

Leave a Reply