ユーザーズガイド HITACHI MOBILE HI-VISION CAM WOOO - HITACHI MOBILE HI-VISION CAM WOOOのユーザーガイドやマニュアルをダウンロード ガチョウコート

ユーザーズガイド HITACHI MOBILE HI-VISION CAM WOOO INSTALLATION MANUAL

Lastmanualsはユーザー主導型のハードウエア及びソフトウエアのマニュアル(ユーザーガイド・マニュアル・クイックスタート・技術情報など)を共有・保存・検索サービスを提供します。 製品を購入する前に必ずユーザーガイドを読みましょう!!!

スポンサーリンク

canadá ganso usa-ad-format="auto">

もしこの書類があなたがお探しの取扱説明書・マニュアル・機能説明・回路図の場合は、今すぐダウンロード。Lastmanualsでは手軽に早くHITACHI MOBILE HI-VISION CAM WOOOのユーザマニュアルを入手できます。 HITACHI MOBILE HI-VISION CAM WOOOのユーザーガイドがあなたのお役に立てばと思っています。

HITACHI MOBILE HI-VISION CAM WOOOのユーザーガイドをLastmanualsがお手伝いします。


HITACHI MOBILE HI-VISION CAM WOOO INSTALLATION MANUAL: ユーザーガイドを完全にダウンロード (1360 Ko)

マニュアル抽象的: マニュアル HITACHI MOBILE HI-VISION CAM WOOOINSTALLATION MANUAL

詳しい操作方法はユーザーガイドに記載されています。

[. . . ] [. . . ] 5. Mobile Hi-Vision CAM Wooo CD-ROM のトップメニュー画面から[データ通信ツール]をクリックし、データ 通信ツール<一括インストール>画面を開きます。 データ通信ツール<一括インストール>画面ページ下側の[各ソフトの個別インストールはこちら]をクリッ クし、データ通信ツール画面を開きます。 データ通信ツール画面の■USB ドライバ部の[インストール]をクリックし、USB ドライバ画面の[インスト ール開始]をクリックします。 ファイルのダウンロード-セキュリティの警告画面で[保存]をクリックします。 ※[実行]をクリックすると、直接インストールが開始されます。⇒USB ドライバのインストール(P. 6) 名前を付けて保存画面で、保存するフォルダーを選択し、[保存]をクリックします。ダウンロード完了画 面が表示されれば終了です。 ※ダウンロード先はデスクトップなど、分かりやすい場所を指定してください。 日立 携帯電話ホームページからダウンロードする 1. 4. Mobile Hi-Vision CAM Wooo USB ドライバダウンロード画面を開きます。 URL http://k-tai. hitachi. jp/download/ Mobile Hi-Vision CAM Wooo USB ドライバ をクリックします。 Mobile Hi-Vision CAM Wooo USB ドライバのドライバダウンロード画面で該当するプログラムファイルを クリックします。 ファイルのダウンロード-セキュリティの警告画面で[保存]をクリックします。 ※[実行]をクリックすると、直接インストールが開始されます。⇒USB ドライバのインストール(P. 6) 名前を付けて保存画面で、保存するフォルダーを選択し、[保存]をクリックします。ダウンロード完了画 面が表示されれば終了です。 ※ダウンロード先はデスクトップなど、分かりやすい場所を指定してください。 4 ■ USBドライバのインストール ●インストールが完了するまで Mobile Hi-Vision CAM Wooo をパソコンと接続しないでください。 ●Administrator(管理者)権限のあるユーザーアカウント(利用者資格)でログインしてください。 ●起動中のアプリケーションは全て終了してください。 ※説明内の画面は Windows XP パソコンのものです。OS のバージョンやお使いのパソコンによって画面や名 称が異なる場合があります。また、Windows Vista 専用の説明については、Windows Vista の画面を掲載し ています。 1. ダ ウ ン ロ ー ド し た 「 MobileHi-VisionCAMWooo USBDriver. exe」をダブルクリックして、USB ドライ バのインストールを開始します。 2. 警告画面が表示された場合の対応について ●Windows XP SP2 以上でセキュリティの警告が 表示された場合は[実行]をクリックしてくださ い。 ●Windows XP の場合 2 ●Windows Vista でユーザーアカウント制御画面 ●Windows Vista の場合 が表示された場合は、[続行]をクリックしてく ださい。 2 5 USBドライバのインストール 3. Mobile Hi-Vision CAM Wooo USB ドライバのイン ストール開始画面が表示します。 注意事項を確認し、[次へ]をクリックします。 3 4. Mobile Hi-Vision CAM Wooo USB ドライバの使 用許諾契約画面が表示されます。契約内容をお 読み頂き、同意される場合は[使用許諾契約の 全条項に同意します]にチェックを入れ、[インス トール]をクリックします。 インストール処理中の画面が表示され、インスト ールが行われます。 4 5. 右記の画面が表示されると、インストールは終 了です。[OK]をクリックしてください。 ※インストールを中止すると、USB ドライバのイ ンストールが失敗しますのでご注意ください。 ※お使いの機種によってはインストール終了ま で時間がかかる場合があります。 ※インストールが正常に終了後は、ダウンロード した「MobileHi-VisionCAMWoooUSB Driver. exe」ファイルは削除してください。 5 6 ■ パソコンとの接続 「USB ドライバ」のインストール完了後に、以下の手順に従って、Mobile Hi-Vision CAM Wooo とパソコンを USB ケーブルで接続します。 ●インストールが完了していない状態で、Mobile Hi-Vision CAM Wooo をパソコンと接続しないでください。 1. 3. USB ケーブルをパソコンの USB ポートに接続し ます。 Mobile Hi-Vision CAM Wooo の電源を入れ、待 受画面にします。 Mobile Hi-Vision CAM Wooo の外部接続端子と USB ケーブルを接続します。 全ての接続が完了すると、パソコンが自動的に Mobile Hi-Vision CAM Wooo を認識します。 ●Mobile Hi-Vision CAM Wooo とパソコンを接続したときに、Mobile Hi-Vision CAM Wooo のディスプレイに 「データ転送モード選択画面」が表示された場合は、「データ転送モード」または「高速転送モード」を選択 してください。 ●USB ハブや延長ケーブルは使用しないでください。 ●パソコンの USB ポート搭載位置が不明な場合は、パソコンの取扱説明書を参照ください。 7 ■ 接続状態の確認 パソコンが USB ドライバおよび Mobile Hi-Vision CAM Wooo を正常に認識しているかを確認します。 データ転送モード、高速転送モードそれぞれについて確認を行ってください。 ※説明内の画面は Windows XP パソコンのものです。OS のバージョンやお使いのパソコンによって画面や名称 が異なる場合があります。また、Windows Vista 専用の説明については、Windows Vista の画面を掲載してい ます。 1. 4. USB ドライバのアンインストール確認画面が表 示されますので、[はい]をクリックします。 3 パソコンの再起動を促す画面が表示されます。 起動中のアプリケーションを全て終了させ、 Mobile Hi-Vision CAM Wooo から USB ケーブル が外れていることを確認し、[はい]をクリックし ます。 パソコンが再起動されます。 パソコンの再起動後、USB ドライバのインストー ル作業(P. 5)を実行してください。 4 5. ●Mobile Hi-Vision CAM Wooo CD-ROM からインストールプログラムをダウンロードした場合、パソコンの 再起動後に Mobile Hi-Vision CAM Wooo CD-ROM のメニュー画面は表示されません。 メニュー画面を表示させるには、CD-ROM ドライブから Mobile Hi-Vision CAM Wooo CD-ROM を一度取り 出し、再度 Mobile Hi-Vision CAM Wooo CD-ROM をセットしてください。 11 ■ コマンドリファレンス ■ATコマンド一覧 AT コマンドは、“AT”に続いて“コマンド”と“パラメータ”を入力し、最後にエンター(Enter)キーを押すとコマンド が実行されます。パラメータ値を省略した場合は“OK”を返します。 なお、コマンドの入力は、大文字・小文字ともに可能です。 コマンド / D En コマンド名称 再実行 ダイヤル コマンドエコー 書式 A/<CR> ATD[ダイヤルナンバー] <CR> ATEn<CR> 解説 直前の AT コマンドをもう一度実行します。 ダイヤル発信します。 パソコンに対してコマンドキャラクタをエコーバックするかど うかを設定します。 n=0:コマンドエコーしない n=1:コマンドエコーする(デフォルト値) パラメータに従って要求内容をパソコンに通知します。 n=0:OK を返す n=1:製品名(Mobile Hi-Vision CAM Wooo) n=2:対象移動機(CDMA 1x WIN) n=3:製造メーカー名(HITACHI) n=4:OK を返す n=5:OK を返す n=6:電話番号表示 n=7:OK を返す リザルトコードをパソコンへ返すかどうかを設定します。 n=0:リザルトコード送出あり(デフォルト値) n=1:リザルトコード送出なし パソコンへのリザルトコードを数字(短い形式)で返すか文 字(長い形式)で返すかを設定します。 n=0:数字 n=1:文字(デフォルト値) DCD(受信キャリア検出)信号の動作を制御します。DCD ä¿¡ 号とは、相手からのキャリアを受信しているかどうかをパソ コンへ知らせる信号です。 n=0:常に DCD を ON n=1:パケット通信がアクティブのときのみ ON(デフォルト 値) DTR(データ端末レディ)信号の動作を制御します。 n=0:常に DTR を無視する n=1:オンライン状態で DTR 信号が ON から OFF になるとオ ンラインコマンド状態へ移行する n=2:オンライン状態で DTR 信号が ON から OFF になると 回線を切断し、オフラインコマンド状態へ移行する(デフォ ルト値) 各種コマンドのパラメータ値や S レジスタの内容を工場出 荷時に戻します。 In アイデンティフィ ケーション ATIn<CR> Qn リザルトコードの 制御 リザルトコードの 選択 ATQn<CR> Vn ATVn<CR> &Cn DCD 信号の制 御 AT&Cn<CR> ご注意:デフォルト値で ご使用ください。 &Dn DTR 信号の制 御 AT&Dn<CR> ご注意:デフォルト値で ご使用ください。 &F 工場出荷時設 定への初期化 AT&F<CR> 12 コマンドリファレンス ■Sレジスタ一覧 S レジスタは、通信用端末として使用するための各種設定を行います。 S レジスタの設定方法:“AT”に続いて“Sn=X”を入力します。(n:レジスタ番号、X:設定値) S レジスタの参照方法:“AT”に続いて“Sn?”を入力すると設定値が表示されます。 (n:レジスタ番号) (例)ATS0? レジスタ S0 S3 S4 S5 内容 自動着信回数 CR キャラクタコードの設定 LF キャラクタコードの設定 BS キャラクタコードの設定 単位 回 初期値 0 13 10 8 (例)ATS0=2 設定範囲 0~255 13 のみ 10 のみ 8 のみ ■リザルトコード一覧 本製品がモデムとして動作する場合、パソコンなどからの AT コマンドに応答し、リザルトコードの形でパソコン に信号を送り、回線での動作状態を通知します。 使用できるリザルトコードには2つの形式があります。文字形式で長く詳しい応答と、数字形式で短い応答です。 文字形式のコードは<CR><LF>で始まり、<CR><LF>で終了します。数字形式には先行するシーケンスはなく、 <CR>で終了します。 数字 0 1 3 4 29 文字 OK CONNECT NO CARRIER ERROR DELAYED 説明 コマンドライン実行確認のため、このリザルトコードを送ります。 オンラインモード状態に遷移した場合、このリザルトコードを送ります。 オフラインモード状態に遷移した場合、このリザルトコードを送ります。 コマンドライン構文エラー、実行不可能およびコマンドが存在しない場合、 またパラメータ許可範囲外の場合に、このリザルトコードを送ります。 通信が規制中の場合、このリザルトコードを送ります。 13 ■ よくあるご質問 Q A Q A Q A Q A Q A Q A Windows 98/Me/2000 および Mac で使用できるドライバはありますか? 本 USB ドライバは、Windows XP/Vista 32 ビット版専用です。Windows 98/Me/2000 および Mac 用の USB ドライバは提供しておりません。 Mobile Hi-Vision CAM Wooo 以外の携帯電話では使用できますか? 本 USB ドライバは、「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」専用です。他の携帯電話ではご使用いただけま せん。 どのケーブルを使用できますか? 携帯電話に同梱の USB ケーブル(試供品)、au より発売されている USB ケーブル WIN(0201HVA) および USB 充電ケーブル 01(0201HAA)が使用可能です。 USB ドライバのインストールに失敗しました。また、デバイスマネージャ画面の「au Mobile Hi-Vision CAM Wooo」および「_au Mobile Hi-Vision CAM Wooo Serial Port」(高速転送モードの場合は「au Mobile Hi-Vision CAM Wooo High Speed」および「_au Mobile Hi-Vision CAM Wooo High Speed Serial Port」)の前に“?”マークまたは“!”マークが付いています。どうすればよろしいでしょうか? インストールした USB ドライバを削除し、再度 USB ドライバのインストールを行ってください。 詳しくは、■USB ドライバの再インストール(P. 10)をご覧ください。 ※デバイスマネージャの確認については、■接続状態の確認(P. 8)をご覧ください。 デバイスマネージャ画面に「_au Mobile Hi-Vision CAM Wooo Serial Port」および「au Mobile Hi-Vision CAM Wooo」(高速転送モードの場合は「_au Mobile Hi-Vision CAM Wooo High Speed Serial Port」お よび「au Mobile Hi-Vision CAM Wooo High Speed」)が表示されません。 デバイスマネージャのツールバー[表示]をクリックし、[デバイス(種類別)]を選択してください。 ※デバイスマネージャの確認については、■接続状態の確認(P. 8)をご覧ください。 パソコンが Mobile Hi-Vision CAM Wooo を認識しません。 USB 接続設定が「外部メモリ転送モード」に設定されている可能性があります。Mobile Hi-Vision CAM Wooo で次の操作を行い、USB 接続設定を確認してください。 ①メインメニュー表示→[機能]→[ユーザー補助]→[データ通信/USB]→[USB 設定]を押し、USB 接続設定画面を表示させます。 ②「データ転送モード」または「高速転送モード」に設定してください。 Q A Q A インターネット接続方法は? au. NET または PacketWIN 対応のプロバイダを利用して、インターネット接続を行います。対応のプロ バイダに関しての詳しい内容は http://www. au. kddi. com/data/provider/index. html をごè¦
ガチョウコート

canada goose expedition
живая канадская гусь
Canada Goose review
カナダのガチョウ
Hashtags for #ユースケ in Instagram, Twitter, Vimeo

We gather the most Popular contents for you

Discover best of Instagram, Twitter and Vimeo.

You want to search some tags like ユースケ

Use box below to get most popular Instagram, Twitter and Vimeo tags

ユースケ £Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± a£Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± b£Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± c£Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± d£Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚±
f£Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± g£Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± h£Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± i£Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± j£Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± k£Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚±
m£Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± n£Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± o£Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± p£Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± q£Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± r£Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚±
t£Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± u£Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± v£Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± w£Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± x£Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± y£Æ’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚±
æースケ Ãaƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± Ãbƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± Ãcƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± Ãdƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± Ãeƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚±
Ãgƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± Ãhƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± Ãiƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± Ãjƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± Ãkƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± Ãlƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚±
Ãnƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± Ãoƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± Ãpƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± Ãqƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± Ãrƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± Ãsƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚±
Ãuƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± Ãvƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± Ãwƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± Ãxƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± Ãyƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± Ãzƒ¦ãƒ¼ã‚¹ã‚±
ãa’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãb’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãc’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãd’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãe’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãf’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚±
ãh’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãi’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãj’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãk’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãl’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãm’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚±
ão’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãp’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãq’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãr’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãs’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãt’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚±
ãv’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãw’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãx’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãy’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãz’¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãƦースケ
ãÆb¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãÆc¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãÆd¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãÆe¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãÆf¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãÆg¦ãƒ¼ã‚¹ã‚±
ãÆi¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãÆj¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãÆk¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãÆl¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãÆm¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãÆn¦ãƒ¼ã‚¹ã‚±
ãÆp¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãÆq¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãÆr¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãÆs¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãÆt¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãÆu¦ãƒ¼ã‚¹ã‚±
ãÆw¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãÆx¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãÆy¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ãÆz¦ãƒ¼ã‚¹ã‚± ユースケ ãƒa¦Ã£Æ’¼ã‚¹ã‚±
ãƒc¦Ã£Æ’¼ã‚¹ã‚± ãƒd¦Ã£Æ’¼ã‚¹ã‚± ãƒe¦Ã£Æ’¼ã‚¹ã‚± ãƒf¦Ã£Æ’¼ã‚¹ã‚± ãƒg¦Ã£Æ’¼ã‚¹ã‚± ãƒh¦Ã£Æ’¼ã‚¹ã‚±
ãƒj¦Ã£Æ’¼ã‚¹ã‚± ãƒk¦Ã£Æ’¼ã‚¹ã‚± ãƒl¦Ã£Æ’¼ã‚¹ã‚± ãƒm¦Ã£Æ’¼ã‚¹ã‚± ãƒn¦Ã£Æ’¼ã‚¹ã‚± ãƒo¦Ã£Æ’¼ã‚¹ã‚±
ãƒq¦Ã£Æ’¼ã‚¹ã‚± ãƒr¦Ã£Æ’¼ã‚¹ã‚± ãƒs¦Ã£Æ’¼ã‚¹ã‚± ãƒt¦Ã£Æ’¼ã‚¹ã‚± ãƒu¦Ã£Æ’¼ã‚¹ã‚± ãƒv¦Ã£Æ’¼ã‚¹ã‚±
ãƒx¦Ã£Æ’¼ã‚¹ã‚± ãƒy¦Ã£Æ’¼ã‚¹ã‚± ãƒz¦Ã£Æ’¼ã‚¹ã‚± ãƒÂースケ ãƒÂaースケ ãƒÂbースケ
ãƒÂdースケ ãƒÂeースケ ãƒÂfースケ ãƒÂgースケ ãƒÂhースケ ãƒÂiースケ
ãƒÂkースケ ãƒÂlースケ ãƒÂmースケ ãƒÂnースケ ãƒÂoースケ ãƒÂpースケ
ãƒÂrースケ ãƒÂsースケ ãƒÂtースケ ãƒÂuースケ ãƒÂvースケ ãƒÂwースケ
ãƒÂyースケ ãƒÂzースケ ユ£Æ’¼ã‚¹ã‚± ユa£Æ’¼ã‚¹ã‚± ユb£Æ’¼ã‚¹ã‚± ユc£Æ’¼ã‚¹ã‚±
ユe£Æ’¼ã‚¹ã‚± ユf£Æ’¼ã‚¹ã‚± ユg£Æ’¼ã‚¹ã‚± ユh£Æ’¼ã‚¹ã‚± ユi£Æ’¼ã‚¹ã‚± ユj£Æ’¼ã‚¹ã‚±
ユl£Æ’¼ã‚¹ã‚± ユm£Æ’¼ã‚¹ã‚± ユn£Æ’¼ã‚¹ã‚± ユo£Æ’¼ã‚¹ã‚± ユp£Æ’¼ã‚¹ã‚± ユq£Æ’¼ã‚¹ã‚±
ユs£Æ’¼ã‚¹ã‚± ユt£Æ’¼ã‚¹ã‚± ユu£Æ’¼ã‚¹ã‚± ユv£Æ’¼ã‚¹ã‚± ユw£Æ’¼ã‚¹ã‚± ユx£Æ’¼ã‚¹ã‚±
ユz£Æ’¼ã‚¹ã‚± ユüスケ ユÃaƒ¼ã‚¹ã‚± ユÃbƒ¼ã‚¹ã‚± ユÃcƒ¼ã‚¹ã‚± ユÃdƒ¼ã‚¹ã‚±
ユÃfƒ¼ã‚¹ã‚± ユÃgƒ¼ã‚¹ã‚± ユÃhƒ¼ã‚¹ã‚± ユÃiƒ¼ã‚¹ã‚± ユÃjƒ¼ã‚¹ã‚± ユÃkƒ¼ã‚¹ã‚±
ユÃmƒ¼ã‚¹ã‚± ユÃnƒ¼ã‚¹ã‚± ユÃoƒ¼ã‚¹ã‚± ユÃpƒ¼ã‚¹ã‚± ユÃqƒ¼ã‚¹ã‚± ユÃrƒ¼ã‚¹ã‚±
ユÃtƒ¼ã‚¹ã‚± ユÃuƒ¼ã‚¹ã‚± ユÃvƒ¼ã‚¹ã‚± ユÃwƒ¼ã‚¹ã‚± ユÃxƒ¼ã‚¹ã‚± ユÃyƒ¼ã‚¹ã‚±
ユ㒼スケ ユãa’¼ã‚¹ã‚± ユãb’¼ã‚¹ã‚± ユãc’¼ã‚¹ã‚± ユãd’¼ã‚¹ã‚± ユãe’¼ã‚¹ã‚±
ユãg’¼ã‚¹ã‚± ユãh’¼ã‚¹ã‚± ユãi’¼ã‚¹ã‚± ユãj’¼ã‚¹ã‚± ユãk’¼ã‚¹ã‚± ユãl’¼ã‚¹ã‚±
ユãn’¼ã‚¹ã‚± ユão’¼ã‚¹ã‚± ユãp’¼ã‚¹ã‚± ユãq’¼ã‚¹ã‚± ユãr’¼ã‚¹ã‚± ユãs’¼ã‚¹ã‚±
ユãu’¼ã‚¹ã‚± ユãv’¼ã‚¹ã‚± ユãw’¼ã‚¹ã‚± ユãx’¼ã‚¹ã‚± ユãy’¼ã‚¹ã‚± ユãz’¼ã‚¹ã‚±
ユãÆa¼ã‚¹ã‚± ユãÆb¼ã‚¹ã‚± ユãÆc¼ã‚¹ã‚± ユãÆd¼ã‚¹ã‚± ユãÆe¼ã‚¹ã‚± ユãÆf¼ã‚¹ã‚±
ユãÆh¼ã‚¹ã‚± ユãÆi¼ã‚¹ã‚± ユãÆj¼ã‚¹ã‚± ユãÆk¼ã‚¹ã‚± ユãÆl¼ã‚¹ã‚± ユãÆm¼ã‚¹ã‚±
ユãÆo¼ã‚¹ã‚± ユãÆp¼ã‚¹ã‚± ユãÆq¼ã‚¹ã‚± ユãÆr¼ã‚¹ã‚± ユãÆs¼ã‚¹ã‚± ユãÆt¼ã‚¹ã‚±
ユãÆv¼ã‚¹ã‚± ユãÆw¼ã‚¹ã‚± ユãÆx¼ã‚¹ã‚± ユãÆy¼ã‚¹ã‚± ユãÆz¼ã‚¹ã‚± ユースケ
ユãƒb¼Ã£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユãƒc¼Ã£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユãƒd¼Ã£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユãƒe¼Ã£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユãƒf¼Ã£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユãƒg¼Ã£â€šÂ¹Ã£â€šÂ±
ユãƒi¼Ã£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユãƒj¼Ã£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユãƒk¼Ã£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユãƒl¼Ã£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユãƒm¼Ã£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユãƒn¼Ã£â€šÂ¹Ã£â€šÂ±
ユãƒp¼Ã£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユãƒq¼Ã£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユãƒr¼Ã£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユãƒs¼Ã£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユãƒt¼Ã£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユãƒu¼Ã£â€šÂ¹Ã£â€šÂ±
ユãƒw¼Ã£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユãƒx¼Ã£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユãƒy¼Ã£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユãƒz¼Ã£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユãƒÂスケ ユãƒÂaスケ
ユãƒÂcスケ ユãƒÂdスケ ユãƒÂeスケ ユãƒÂfスケ ユãƒÂgスケ ユãƒÂhスケ
ユãƒÂjスケ ユãƒÂkスケ ユãƒÂlスケ ユãƒÂmスケ ユãƒÂnスケ ユãƒÂoスケ
ユãƒÂqスケ ユãƒÂrスケ ユãƒÂsスケ ユãƒÂtスケ ユãƒÂuスケ ユãƒÂvスケ
ユãƒÂxスケ ユãƒÂyスケ ユãƒÂzスケ ユー£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーa£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーb£â€šÂ¹Ã£â€šÂ±
ユーd£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーe£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーf£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーg£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーh£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーi£â€šÂ¹Ã£â€šÂ±
ユーk£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーl£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーm£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーn£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーo£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーp£â€šÂ¹Ã£â€šÂ±
ユーr£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーs£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーt£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーu£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーv£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーw£â€šÂ¹Ã£â€šÂ±
ユーy£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーz£â€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユー¹ケ ユーÃa‚¹ã‚± ユーÃb‚¹ã‚± ユーÃc‚¹ã‚±
ユーÃe‚¹ã‚± ユーÃf‚¹ã‚± ユーÃg‚¹ã‚± ユーÃh‚¹ã‚± ユーÃi‚¹ã‚± ユーÃj‚¹ã‚±
ユーÃl‚¹ã‚± ユーÃm‚¹ã‚± ユーÃn‚¹ã‚± ユーÃo‚¹ã‚± ユーÃp‚¹ã‚± ユーÃq‚¹ã‚±
ユーÃs‚¹ã‚± ユーÃt‚¹ã‚± ユーÃu‚¹ã‚± ユーÃv‚¹ã‚± ユーÃw‚¹ã‚± ユーÃx‚¹ã‚±
ユーÃz‚¹ã‚± ユー〚¹ã‚± ユーãa€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãb€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãc€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãd€šÂ¹Ã£â€šÂ±
ユーãf€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãg€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãh€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãi€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãj€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãk€šÂ¹Ã£â€šÂ±
ユーãm€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãn€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーão€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãp€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãq€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãr€šÂ¹Ã£â€šÂ±
ユーãt€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãu€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãv€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãw€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãx€šÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãy€šÂ¹Ã£â€šÂ±
ユーãâšÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãâašÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãâbšÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãâcšÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãâdšÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãâešÂ¹Ã£â€šÂ±
ユーãâgšÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãâhšÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãâišÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãâjšÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãâkšÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãâlšÂ¹Ã£â€šÂ±
ユーãânšÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãâošÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãâpšÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãâqšÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãâršÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãâsšÂ¹Ã£â€šÂ±
ユーãâušÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãâvšÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãâwšÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãâxšÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãâyšÂ¹Ã£â€šÂ± ユーãâzšÂ¹Ã£â€šÂ±
ユーãâ€a¹ã‚± ユーãâ€b¹ã‚± ユーãâ€c¹ã‚± ユーãâ€d¹ã‚± ユーãâ€e¹ã‚± ユーãâ€f¹ã‚±
ユーãâ€h¹ã‚± ユーãâ€i¹ã‚± ユーãâ€j¹ã‚± ユーãâ€k¹ã‚± ユーãâ€l¹ã‚± ユーãâ€m¹ã‚±
ユーãâ€o¹ã‚± ユーãâ€p¹ã‚± ユーãâ€q¹ã‚± ユーãâ€r¹ã‚± ユーãâ€s¹ã‚± ユーãâ€t¹ã‚±
ユーãâ€v¹ã‚± ユーãâ€w¹ã‚± ユーãâ€x¹ã‚± ユーãâ€y¹ã‚± ユーãâ€z¹ã‚± ユースケ
ユーã‚b¹Ã£â€šÂ± ユーã‚c¹Ã£â€šÂ± ユーã‚d¹Ã£â€šÂ± ユーã‚e¹Ã£â€šÂ± ユーã‚f¹Ã£â€šÂ± ユーã‚g¹Ã£â€šÂ±
ユーã‚i¹Ã£â€šÂ± ユーã‚j¹Ã£â€šÂ± ユーã‚k¹Ã£â€šÂ± ユーã‚l¹Ã£â€šÂ± ユーã‚m¹Ã£â€šÂ± ユーã‚n¹Ã£â€šÂ±
ユーã‚p¹Ã£â€šÂ± ユーã‚q¹Ã£â€šÂ± ユーã‚r¹Ã£â€šÂ± ユーã‚s¹Ã£â€šÂ± ユーã‚t¹Ã£â€šÂ± ユーã‚u¹Ã£â€šÂ±
ユーã‚w¹Ã£â€šÂ± ユーã‚x¹Ã£â€šÂ± ユーã‚y¹Ã£â€šÂ± ユーã‚z¹Ã£â€šÂ± ユーã‚Âケ ユーã‚Âaケ
ユーã‚Âcケ ユーã‚Âdケ ユーã‚Âeケ ユーã‚Âfケ ユーã‚Âgケ ユーã‚Âhケ
ユーã‚Âjケ ユーã‚Âkケ ユーã‚Âlケ ユーã‚Âmケ ユーã‚Ânケ ユーã‚Âoケ
ユーã‚Âqケ ユーã‚Ârケ ユーã‚Âsケ ユーã‚Âtケ ユーã‚Âuケ ユーã‚Âvケ
ユーã‚Âxケ ユーã‚Âyケ ユーã‚Âzケ ユース£â€šÂ± ユースa£â€šÂ± ユースb£â€šÂ±
ユースd£â€šÂ± ユースe£â€šÂ± ユースf£â€šÂ± ユースg£â€šÂ± ユースh£â€šÂ± ユースi£â€šÂ±
ユースk£â€šÂ± ユースl£â€šÂ± ユースm£â€šÂ± ユースn£â€šÂ± ユースo£â€šÂ± ユースp£â€šÂ±
ユースr£â€šÂ± ユースs£â€šÂ± ユースt£â€šÂ± ユースu£â€šÂ± ユースv£â€šÂ± ユースw£â€šÂ±
ユースy£â€šÂ± ユースz£â€šÂ± ユース± ユースÃa‚± ユースÃb‚± ユースÃc‚±
ユースÃe‚± ユースÃf‚± ユースÃg‚± ユースÃh‚± ユースÃi‚± ユースÃj‚±
ユースÃl‚± ユースÃm‚± ユースÃn‚± ユースÃo‚± ユースÃp‚± ユースÃq‚±
ユースÃs‚± ユースÃt‚± ユースÃu‚± ユースÃv‚± ユースÃw‚± ユースÃx‚±
ユースÃz‚± ユース〚± ユースãa€šÂ± ユースãb€šÂ± ユースãc€šÂ± ユースãd€šÂ±
ユースãf€šÂ± ユースãg€šÂ± ユースãh€šÂ± ユースãi€šÂ± ユースãj€šÂ± ユースãk€šÂ±
ユースãm€šÂ± ユースãn€šÂ± ユースão€šÂ± ユースãp€šÂ± ユースãq€šÂ± ユースãr€šÂ±
ユースãt€šÂ± ユースãu€šÂ± ユースãv€šÂ± ユースãw€šÂ± ユースãx€šÂ± ユースãy€šÂ±
ユースãâšÂ± ユースãâašÂ± ユースãâbšÂ± ユースãâcšÂ± ユースãâdšÂ± ユースãâešÂ±
ユースãâgšÂ± ユースãâhšÂ± ユースãâišÂ± ユースãâjšÂ± ユースãâkšÂ± ユースãâlšÂ±
ユースãânšÂ± ユースãâošÂ± ユースãâpšÂ± ユースãâqšÂ± ユースãâršÂ± ユースãâsšÂ±
ユースãâušÂ± ユースãâvšÂ± ユースãâwšÂ± ユースãâxšÂ± ユースãâyšÂ± ユースãâzšÂ±
ユースãâ€a± ユースãâ€b± ユースãâ€c± ユースãâ€d± ユースãâ€e± ユースãâ€f±
ユースãâ€h± ユースãâ€i± ユースãâ€j± ユースãâ€k± ユースãâ€l± ユースãâ€m±
ユースãâ€o± ユースãâ€p± ユースãâ€q± ユースãâ€r± ユースãâ€s± ユースãâ€t±
ユースãâ€v± ユースãâ€w± ユースãâ€x± ユースãâ€y± ユースãâ€z± ユースケ
ユースã‚b± ユースã‚c± ユースã‚d± ユースã‚e± ユースã‚f± ユースã‚g±
ユースã‚i± ユースã‚j± ユースã‚k± ユースã‚l± ユースã‚m± ユースã‚n±
ユースã‚p± ユースã‚q± ユースã‚r± ユースã‚s± ユースã‚t± ユースã‚u±
ユースã‚w± ユースã‚x± ユースã‚y± ユースã‚z± ユース゠ユースã‚Âa
ユースã‚Âc ユースã‚Âd ユースã‚Âe ユースã‚Âf ユースã‚Âg ユースã‚Âh
ユースã‚Âj ユースã‚Âk ユースã‚Âl ユースã‚Âm ユースã‚Ân ユースã‚Âo
ユースã‚Âq ユースã‚Âr ユースã‚Âs ユースã‚Ât ユースã‚Âu ユースã‚Âv
ユースã‚Âx ユースã‚Ây ユースã‚Âz